山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

嬉しい出来事

今日は、とても嬉しい出来事がありました 

1210 1211

何となんと、私の尊敬する富士登山の神様の佐々木さんから
お手紙を頂戴してしまったのです!
私が送らさせて頂いたファンレター(?)のお返事を
お忙しい中にも関わらず戴きました。
佐々木さんの今年は富士登山達成169回、通算819回登頂だそうです。

達筆な直筆のお手紙にびっくり致しました。
富士登山は元より人間的にも素晴らしいお方です。
私のような者に、手紙を書いて下さるとは感謝感激です。
しかも、未だに9月に富士山頂でお逢いした時の私の事も
覚えていて下さっているとは、有り難い限りです。

このBLOGでは、佐々木さんからのお手紙の内容は秘密ですが、
私としては、生涯通算100本は富士山に登りたいです。

このページのトップへ

11月29日 蜜柑狩りと登山

私の秋は登山よりも蜜柑狩りが優先になります。
今日は、お天気も良く気分良く出発しました。

947
常磐高速・利根川を渡っている時の守谷SA付近からの筑波山です。

951p
筑波研究学園都市の国土地理院と筑波山です。

953
麓の新バイパス道からの筑波山です。

958
麓の筑波スカイラインからの筑波山です。

ご覧のように筑波山は、観る角度が少しでも違うと
山の形が変わるので、見飽きることがありません。
筑波山は登るのも良いですが、色んな麓の場所から眺めるのも
また一興だと思います。

962 964
本日私は今シーズン第3回目の蜜柑狩りをしました。
蜜柑も熟してきました。

972
みかん園主の富井さんと時間を忘れて歓談してしまいました。。

978p
登山しなければと気が付いて、慌てて第1駐車場に車を置きました。
ところが驚いた事に、今日はほとんど満車です。
でも幸い、何とか停めることが出来てホッとしました。

979
門前の民家のモミジがとりわけ綺麗でした。

983 988
大御堂や神社の境内のモミジも鮮やかで良い感じでした。
拝殿前で腹ごしらえをしました。

989
石鳥居前の紅葉のシンボル的なモミジも、何とか色付きました。
12:30、この石鳥居から本日の登山、スタートです。
気温は17℃&無風で少々暑いです。

998
全然休憩無しで大勢の登山者さんを追い越して、
50分で御幸ヶ原に到着しました。
今日は見晴らしも良いようですので、このまま引き続いて
一気に男体山の山頂まで登ります。

999 1002
13:30、男体山のテッペンまで登り詰めました。
見晴らしは良いことは良いのですが、遠くは見えませんでした。

1012
御幸ヶ原に降りてきました。
観光客も大勢居ました。

1016
頂上の稜線のブナ林は葉っぱも落ちてしまって完全なる冬景色です。
気温は9℃と寒いです。

1017 1019
今日のランチも、せきれい茶屋さんで。
久しぶりに天ぷらそばを戴きました。これも美味しいです。
先日放送された「もしもツアーズ」の最新版が飾ってありました。

1022
14:48、御幸ヶ原から下山を開始します。
真壁の街が綺麗に見えていました。

1028 1038
リズムに乗って39分で神社に降りてきました。
紅葉が夕日で引き立ちます。

1042p
15:43、車も少なくなった第1駐車場へと戻りました。
お疲れ様でした。

この秋の筑波山は、昨年よりも人が多いと感じます。
今日は筑波山の今シーズン最後の紅葉を楽しめました。

※都合により12月6日の記事とブログのアップが前後しました。

このページのトップへ

12月6日 初冬の筑波山

今日も先週に引き続き同じような筑波山登山です。

1058
朝一番で用事を済ませて、栃木県真岡市二宮の「道の駅にのみや」で
今シーズン初めての苺(いちご)を買い求めました。
二宮は日本一のイチゴの大生産地なのです。

1062
今朝は冷え込みましたが朝日が出てくると暖かです。
私の車は筑波山スカイラインへと入りました。
今日は登山日和になりそうです。

1067 1066
まず最初に、富井みかん園さんへ顔を出しました。
蜜柑狩りをしなくても、無農薬の美味しい蜜柑の販売もしていますので
宜しければ富井みかん園さんへ買いに行ってみて下さい
(朝9時~夕方4時頃まで営業)。
もちろん蜜柑狩りも楽しいのでお薦めです。

筑波山の中腹は温暖な気候を利用して、古代から蜜柑の栽培が
行われてきました。
筑波山を取り巻く標高100~200㍍が、蜜柑栽培には絶好のベルトラインです。

1064 1065
もはや私と富井さんは、お友達関係です。
私も蜜柑の収穫を少しですが、お手伝いしました。
木の高い所になっている蜜柑を獲るのは大変な作業です。

1070
今日は気分を変えて、初めての場所に車を停めました。
名付けて「男女川ミニパーキング」(無料)です。
駐車可能台数2台と言う、知る人ぞ知る駐車場です。
場所は、皆さんご自分で探してみて下さい。。

1078
つくば道へ向いました。
用事が済んで、筑波山神社へと向います。

1084 1088
旧筑波山郵便局です。

1087
郵便局の室内では、毎週末と祭日には写真展が開催中との事です。

1091
つくば道を登り切り・・

1093 1096
筑波山神社に到着しました。
恐らく今シーズン最後の紅葉が観られました。

1095
大銀杏の木は、黄色の葉っぱが全部落ちてしまいました。
寒々しいです。

1094
今月・12月は、ますますケーブルカーの終電時間が早いです。
16:20が最終便です。
本当に気をつけてください!
暗くなってからの無謀な下山は遭難しますので!!

1098
ちょっと種類が違うモミジは、黄色で綺麗でした。

1097
12:52、石鳥居からスタートです。
時間が遅いので、今回も定番の御幸ヶ原コースを登ります。
気温は15℃で登山には適温です。

1100
最後の胸突き八丁の長い丸太の階段で、HIさんとお逢いしました。
最近はしょっちゅうお逢いしています。

1107
途中でお腹が空きすぎて、おやつを食べたりして休憩しましたが
56分で御幸ヶ原に着きました。
その割には、まあまあのタイムです。
御幸ヶ原は、先週よりは若干観光客は少なくなりました。

1109
ランチは、せきれい茶屋さんで。
焼きそばと味噌田楽を戴きました。
大評判のせきれい茶屋さんの「つくばうどん」ですが、
材料自体が品薄だそうで、提供不可との事です。
どうしても食べてみたい人は、もう少しお待ち下さい。。
たぶん年明けには大丈夫・・の筈です・・(?)

1111
夕日の御幸ヶ原に戻りました。

1117
麓から観えている目立つ白い物体は、このロープウエイ頂上駅です。

1114
下山も御幸ヶ原コースを降ります。

1118
夕日が当たる男女川(みなのがわ)源流部です。
今日のこの川の遥か下流には、私の車が停まっている訳です。

1121
43分で無事に神社まで降りてきました。
夕刻なので下山道は寂しく誰も居ませんでした。

1124 1125
大御堂にお参りして、駐車場に急ぎます。
まだ用事が残っているからです。

1127 1131
16:20、「男女川ミニ駐車場」へと戻りました。
直径3cmも有る大きな赤い実が目立ちました。

1140
この後の用事とは、ふーたん(1歳半)と会う事だったのです。。(笑)

1148
筑波山中腹からの夕焼けが綺麗でした。

1164
帰路の途中の常磐道・守谷SAのイルミネーションが美しかったです。

たったの1週間で山の様子が一変したのには驚きました。
紅葉は、あっと言う間に変化していきます。
今現在が筑波山の晩秋から初冬へのバトンタッチなのかも知れません。

このページのトップへ

自分で地デジアンテナ工事

11月に注文した新しいテレビがやっと届いたのを機に
我が家も遅ればせながら、地上デジタル放送用のアンテナを何とかしなければ・・
と思い立ち、けれどもこの御時世で充分な予算も無いので、
業者さんに頼むのではなく自分でチャレンジする事にしました。
幸いと言うべきか、私の父親は日曜大工が割合得意なほうで、
しかも高い所も平気で攀じ登る事が出来るので協力して貰いました。

1330
古いVHFアンテナです、もうサビサビです。
UHFアンテナは、ローカル局用(千葉テレビ)に設置してありました。
下段のアンテナは、一昨年外壁を塗り替えた際に設置しておいた
地デジ用のアンテナですが、まだ結線していませんので機能していません。
すでに18年経過していますので、この際、アンテナはもとより屋根馬や
ポールやケーブルも新品に交換することに決めました。

1364
予め屋根裏に上がってアンテナ線の配線を調べました。
しかし、肝心のブースターが見当たりません、、
もしかしたら・・ やっぱり有りました、アンテナのすぐ直下でした。
これは、ヤッカイです。。
屋根の上に登って、ブースターのテストもしなければなりません。

さて、ここからが問題です。
果たしてどうやって2階の屋根の上に登るか?です。
我が家には、そんなに長いハシゴはありません。
父親は高所作業車のクレーン免許を持っているので、
作業車のレンタカーを借りて来るのも一計ですが、
コストが高く付いてしまうので、元も子もありません、
業者に頼んでしまったほうが安いかもです。

結局、ベランダの波板を外して2mの脚立を掛けることにしました。
この穴から、身を乗り出して屋根に登ります。

1367 1369
この穴から、屋根に上がります。
その時の昇り降りの最初の1歩2歩が高度感が有り、滑りそうでとても怖いです。
でも意外な所で登山技術が活きました。
本物の山の岩場でも、こういう所は有りますので。
我が家の屋根は播州瓦なので、底がゴム引きの靴でないとツルッと滑ります。
慎重に屋根のトップまで上がって行きます。
瓦が濡れていると特に滑りやすいので、冷や汗ものでした。
新らしいアンテナは仮止めして向きやブースターの調整を何回も何回もしました。

1357 1360
私は初めて自分の家の屋根の上に上がりました。
屋根の上は意外なほど、とても気持ちが良い所でした。
私は高所恐怖症気味かな、とも思っていましたが、そうでもなさそうです(笑)。

我が家は住宅街の一番上の高台に有る事を実感しました。
お隣のマンションの4階と同じ目線です。
凄い高さです。

1354
江戸川河川敷の方向です、残念ながらこの日は富士山は観えず。
でも条件さえ良ければ、我が家の屋根の上からならば観える事を
確認出来ました。

1381
ピッカピカのニューアンテナの完成です!!

ただし、ブースターだけはかなり高価なのでそのまま使いました。
何しろ素人工事なので要領が悪くて、
合計10回近くも屋根の上へと行き来しました。
その甲斐有って、100%納得出来るまでアンテナの調整もバッチリです。
千葉テレビも受信するならば、普通はアンテナは2本必要ですけど、
上手にアンテナの向きを調整出来たので、1本で完全にOKでした。

1321
予算の都合上、私の店のテレビは、地デジチューナーで見ています。
これでも充分良く映ります。

工事日数3日間。
最後の最後にベランダの波板の取り付けが一番の苦労でした。
少しは地デジ化の勉強もしましたので、良い経験になりました。
特に別付けのBSパラボラアンテナやブースター等の配線関係は
初めてでしたので難しかったです。
次回も自力でやります!(・・っていったい何十年後??)(笑)

※業者さんに頼らずに、ご自分で“地デジ化”工事をトライしてみたい方へ
 のアドバイス・・

1、アンテナは、UHFアンテナならば地デジ対応と書かれていなくても
使用可能です。
大都市近郊でしたら、安価なUHFアンテナで充分ですが、
少し郊外でしたら、ワンランク上の機種のアンテナをお薦めします。
2、地デジには配線ケーブルの太さが重要です。
{3C}では電波が減衰して使い物になりません。
{5C}のケーブルを使いましょう。{4C}だと微妙です。
屋根上のアンテナからテレビ受像機まで、全てを太い配線にしなければ
なりません。でないと綺麗に映りません。地デジは大変です。
3、ブースターは、屋根上のアンテナ直下に設置しなくてはなりません。
そうしないと、せっかく受信した電波が弱くなります。
その時の注意は、ブースターとアンテナ本体は1メートルはあけましょう。
近すぎても良くないそうです。
4、屋根裏に設置されている事が多い四角い箱は、「分波器」です。
各部屋にアンテナ線を送る機器です。ブースターではありません。
この分波器に、屋根上のアンテナから持ってきたケーブルを繋ぎます。
5、屋根上にアンテナを建てる際は、2人で立てるのが理想です。
屋根馬は、単にアンテナを立てておく道具なので、風が吹くと
簡単に倒れてしまいますから、もう1人が押さえておくのがコツです。
アンテナはワイヤーを四方からしっかり張って固定しましょう。
電気店やホームセンターで、ワイヤーに丁度良くテンションを
掛けられる器具も売っていますからそれを使いましょう。
6、アンテナの方向は、地デジ対応テレビの設定画面を観ながら
決めてください。なるべく数字が高くなる方位を定めましょう。
でも、今度はデジタルなので神経質ならずにアバウトでも大丈夫
みたいではありますが。
我が家は、千葉テレビも観たいので、東京スカイツリーに照準を
あえて合わさずに若干、千葉テレビの送信所の方角にアンテナの
向きを定めました。これで、本来2本のアンテナが必要なのですが、
1本のアンテナで済みました。
7、各地で推奨の地デジアンテナの方角が発表されています。
しかし、地元の電気店で訊いてみたり、
あるいはご近所のアンテナの向きを見てみる事をお薦めします。
アンテナの向き次第では、受信出来るチャンネル数が大きく
変わることがあるからです。特に郊外の御家庭はご注意を。


このページのトップへ

11月22日 雨の みかも山

天気予報のとおり、朝から雨でした。
朝一番で地方都市での用事を済ませました。

811
久しぶりに北関東自動車道の壬生(みぶ)PAに何気なく寄りました。

815 814
以前は しかなかったPAでしたが、
いつの間にか大変賑やかなPAへと変わっていました。
食堂や売店なども整備されて、道の駅も併設されていました。

817
その後の東北道・佐野SAから観た「みかも山」です。

822
みかも山の麓に有る、楽庵さんで常陸秋蕎麦の新蕎麦を戴きました。

829 827
昼食後は、みかも山公園東口駐車場に車を停めました。
大雨なので空いています。

830 832
紅葉が綺麗です。
池には鴨たちの姿も見られました。

835 837
今日は外周コースを巡るのではなく、山の上の稜線をハイキングします。
綺麗な新しい丸太の階段の登山道を登って行きます。

841
みかも山NO2の「中岳」の山頂に到着です。

844
落ち葉の稜線を歩いて行きます、全く誰も居ません。

846
最後の急坂を登って・・

849
NO1ピークの青竜ヶ岳の山頂(229M)に着きました。
ここまで1時間歩きました、良い運動です。

863
下山は駐車場までの最短コースを下りました。

875
見上げる青竜ヶ岳は、雨に煙りながら意外に高くそびえていました。

881 884
東駐車場の紅葉も綺麗でした。

885
1時間20分間の雨中ハイキングでした。
お疲れ様でした。
この後は用事が有るので、温泉も我慢して筑波山へ向います。

890
みかも山から1時間半かかって筑波山の麓へやって来ました。
もうすでに夕暮れ時です、しかも雨なので筑波山も見えていません。

913 916
筑波山での用事も無事に済んで、麓の農産物直販所の「僚友」(なかま)
に寄って買い物をしました。
ここは地物の新鮮野菜などが安く買えてGOODです。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム