FC2ブログ

山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

9月7日 フランス人のヤンさんと下山

頂上から降りてきた夕刻、私が星観荘の前でたたずんでいると
1人の外国人登山者が登って来ました。
私は英語で、あなた1人ですか? と声を掛けました。
そんなこんなの会話のやりとりで、彼の今夜の宿は星観荘に決まりました。

0227
夕食は、外人さんにも大好評のハンバーグ定食です。
彼は、フランスから富士登山に来た《ヤンさん》です。
彼は31歳、既婚者で4ヶ月の女のお子さんが居るそうです。
何と!、職業は、エアーフランス航空のパイロットだそうです。
いつもB-747・ジャンボジェット機を操縦しているとの事です。
今回は4日間の休暇で、富士吉田の浅間神社から歩いて来たそうです。

0233 0266
彼は深夜1時前には、1人山頂を目指して出発して行きました。
頂上で御来光を迎えるためです。
私は徹夜登山はしない主義ですので、ゆっくり就寝しておりました。
そして朝5時に起き出して、5合目からの御来光を眺めました。

0273
御来光の瞬間、振り返ると富士山は“赤富士”に変化していました。
後日知ったのですが、この時の麓には、私の親友のT氏が
この赤富士の撮影に成功していたのです。
まさか麓に居られたとは、ビックリです。。

0288
夕べからの強風が止みません。
下山者さんからの情報でも、8合目から登山禁止になったと聞き、
本日の私の登山は諦めました。
のんびり朝食を戴いて、くつろいでいると、
ヤンさんが頂上から戻ってきました。

0289
ヤンさんと一緒に私の車で、下山することにしました。
AM08:48、頑固親父さんのお見送りを受けながら星観荘さんから
出発しました。

0291 0293
強風のお蔭で、下界の富士吉田の街もクッキリ見えています。
それに、滅多に観られない「日光男体山」までもが見えました。
赤い矢印の下の山が日光の太郎山です。
男体山は、矢印のすぐ右側の山でした。
(にゃん太さん、ご指南を有難うございました!!)

0300 0302
私の車が置いてあるスバルライン5合目へ向かって歩きます。

0305 0306
彼は絵葉書を数枚買って、無料のスタンプを記念に押していました。
家族のお土産には、箱入りの饅頭を買い求めていました(意外なチョイスです・・)。

0307
5合目からは頂上が良く見えています。
ですが、風はますます強くなって突風に変わってきました。
それでも、何組かの登山者グループは登山道へ向かって行きました。

0315 0309
ヤンさんを私の車に乗せて、「奥庭」(おくにわ)に行きました。
彼に綺麗な富士山をお見せしようと思ったからです。

0310 0312
私もここに来てみたかったので良かったです。
普段は登山に時間を取られてしまって、なかなか来れるチャンスが
ありませんでした。
予想外に風は、ほとんど吹いていません。
同じ富士山内でも偉い違いです。。

0316
奥庭山荘さんで、私はお土産を買い求めました。
富士山の“ドンコ”(=乾しシイタケ)です。
その他にも、ここ奥庭山荘でしか買えない珍しいお土産もあります。
ここに立ち寄る価値は有ります。

0317 0321
スバルラインを車で降りて、河口湖の湖畔に有る
「久保田一竹美術館」に行きました。
ヤンさんのたっての希望なのでした。
美術館の内部は、値段が高そうな日本の着物がズラリ!でした。
館内は残念ながら撮影禁止ですので、外に有る滝の写真です。
驚いたことに、見学者のほとんどは西洋人でした。

0323 0324
パンフレットを見て気が付きました。
久保田一竹は、フランスの文化勲章を受けたり、
フランスで個展を開催したりしていますので、
フランスでは有名な人のようです。
美術館の中のカフェの壁には、富士山の空撮写真が飾ってありました。
このカフェで彼とお茶しました。
本当にお洒落なカフェでした。

0328
これも彼の希望なのでしたが、河口湖の湖畔で富士山の写真を
撮りたいとの事でした。
このミッションも無事に達成しました。
河口湖は、ほとんど無風状態でした。嘘のようです。

この後は、鳴沢の温泉にもヤンさんを連れて行きました。
日本の温泉の入り方をレクチャー。
そして14時過ぎに、河口湖駅で彼とお別れしました。

0346
意外に午後の昼下がりの高速道路は空いていました。
2時間丁度で楽に帰宅出来ました。
家に帰ってきて体脂肪計で計ると、いつも以上に体年齢が下がっていました。
実年齢よりもマイナス15歳。
でも、目標は目指せ20代です。。(笑)

私の英語は本当に下手です。
自分でも嫌になる時があります。
ですが私は度胸が良いのか外国人に物怖じしません。
ですから何故か私のデタラメ英語が通じてしまうのです。。
今回ははるばる日本の富士山にやってきてくれた仏人のヤンさんに、
損得抜きで喜んで貰おうと思いました。
そして日本での良い想い出を作って貰おうと思いました。
他人は私の事を“お人好し”と言う人も居ます。
ですがこれが私の性分です、東京・深川、下町生まれですので。。

このページのトップへ

コメント

男体山

五合目・六合目でも日光の山々が見えるんですね。驚きです。
ところで。。。パソコンで確かめてみたら、矢印の山は太郎山で、男体山は右隣りでした。(^^ゞ
女峰山と重なって見えるので山体が火山っぽく見えませんが。。。

  • 2010/09/12(日) 21:20:35 |
  • URL |
  • にゃん太 #7Lj/sq.E
  • [編集]

にゃん太さんへ

ご指摘、どうも有難うございます!
そうですか!e-447
それは失礼いたしました。
山頂で確認して来た人に
教えて頂いたもので。。e-351
その人も目視で確認しただけのようでしたから。
確かに太郎山のような山体ですね。
にゃん太さんのv-216PCのほうが
確かだと思います。

  • 2010/09/12(日) 22:52:25 |
  • URL |
  • yamasuisui #-
  • [編集]

画像

せっかく作成した画像なので見てやってください。(=^・^=)ゞ
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/07/c1/4daaaad6d12072c360bcee3e365e811a.jpg

  • 2010/09/12(日) 23:19:13 |
  • URL |
  • にゃん太 #7Lj/sq.E
  • [編集]

にゃん太さんへ(2)

そうです、間違いなく、この山の形ですe-2
男体山は日光連山に重なってしまうのですね。
心から納得いたしました。
お手数をお掛けしました、有難うございました v-436

  • 2010/09/12(日) 23:25:12 |
  • URL |
  • yamasuisui #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。