FC2ブログ

山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

9月6日 富士登山の神様との出逢い

いつものパターンですと、富士登山の前夜には登山口に車を停めて
車中にて仮眠をしてから、歩き出すのが普通です。
ですが9月に入って以来、車内で寝ていると寒くて熟睡出来ません。
そこで今回は我が家で少し仮眠を取ってから富士山へと出掛けました。
午前3時前には我が家を出発して、6時前にはスバルライン5合目に
到着しました。
途中の八王子付近は小雨が降っていたのですが、
お天気はどうやら大丈夫のようです。

0023
駐車場は5割方埋まっていました、この時期にしては多くて異例です。

0024
今朝は素晴らしいお天気となりました。
頂上までスッキリと見渡せます。

0030
準備を整えて、AM06:11、出発門を潜(くぐ)りました。

0034 0041
すでに御来光の時間は過ぎています。
朝日を浴びて歩きます。
ステッキには、前回拾った「富士登山」とプリントされた布を取り付けました。
裏には「六根清浄」ともプリントされています。
「ろっこんしょうじょう」が「どっこいしょ!」と言う言葉の語源になった
と言う説も有るようです。

0849
今宵の宿となる星観荘さんへ先に立ち寄りました。
頑固親父さんにご挨拶して、ゆっくり休んでから出発しました。
私にとっては今日は楽々の5合目からの富士登山です。
時間的にも余裕充分でした。

0057
06:52、星観荘さんからスタートしました。
20分ほど歩くと、6合目の安全指導センターの下に出ました。
ですが、頂上方向は真っ白です。

0058
永年休業中の雲海荘別館前で、頑固親父さんから戴いたバナナを
早速戴きました。
今朝の朝食は極く軽かったのでエネルギーの補給をしました。

0063 0065
吉田口名物のジグザグ道を休まずに登って行きます。
登山者も少なく静かな登山道です。
やがて雲も無くなると、代わりに強烈な太陽が降り注ぎました。

0076
今日は、ゆっくり楽しみながら登りました。
ですが私の富士登山スタイルは、休憩時間が短いことです。
長く休憩してしまうと、歩くのが嫌になるからです。
次々と山小屋を通り越してやがて8合目に。
「元祖室」さんの直下では、大規模な工事が行われていました。

0078 0079
本8合目では恒例の栄養ドリンクを飲み干しました。
本8合トモエ館さんから先は、いよいよ私の大得意の登山道になります。

0081
頂上までは高度差350㍍です。
空気も薄く、ここからが真の富士登山です。
毎回、私はここから元気が出ます
(普通の人と違うかも・・)。

0084 0087
8合5勺の御来光館さんは本日で閉館。
ちょうど山小屋スタッフさんが全員ブルドーザーで下山を開始された
ところでした。皆さん、手を振って夏山にお別れを告げていました。
今シーズンも、お疲れ様でした!

0088 0094
雨が降っていませんので、9合目からはますますザレて歩きにくいです。
登山道の最後の最後、頂上直下は、険しい岩盤登りです。

0096 0098
予定どうり順調に、約4時間半で頂上に到着しました。

0099
登山客もさほど多くはなく、割合静かな頂上です。
セルフタイマーで記念に一枚。

0108
扇屋さんは、閉館作業をされていました。
幸い、小岩井さんにお逢い出来たので、今シーズンの御礼とお別れを
申し上げました。

0111 0113
まだ午前中なので時間はタップリあります。
ベンチで横になったりして少し休みました。
ですが、あまりに強烈な太陽は暑過ぎて寝かせてくれません。
なので、のんびりと「お鉢巡り」への旅へと出発しました。

0121
宝永山が綺麗に見えていました。

0129 0130
御殿場口頂上に有る「銀明水」の脇で工事をしていました。
それと、御殿場口登山道の途中にある「鉄柵」の撤去工事も
されているようで、御殿場口への下山は通行止めでした。

0134
のんびり歩いて「富士宮口」の頂上に着きました。
ここで、頑固親父さんから戴いたオニギリを頬張りました。
ここでは米軍の軍人さんがとりわけ多かったです。

0138 0140
私がオニギリをゆっくり味わっていると、
テレビや登山雑誌で見慣れたあのお方が登頂・・!!!
すでに閉まっている奥宮前で記念撮影されています。

0144
私も慌ててオニギリを食べ終えて、私の尊敬する、あのお方を追いかけました。
物凄い急坂の「馬の背」を登ります。

0150
私は今季6本目の登頂でした、(自分的には少ないです・・)。

0151
剣ヶ峰で、私の憧れのお方に追い付きました。
ヘルメットを被っていらっしゃる方が、有名な佐々木さんです。
富士登山700回以上達成と言う富士登山の神様のようなお方です。

恐る恐る佐々木さんに握手を求めると、快く握手して下さいました。
もう感激です~~!!

実は私は、佐々木さんとお逢いするのは2回目なのです。
昨年の7月に、吉田口・本8合目の嵐の中で佐々木さんとお逢いしていました。

0153
今日は佐々木さん達は、富士登山のプロガイドの勉強会をされて
いるようでした。
私もお願いして、お鉢巡りに同行させて頂きました。

0156 0157
大沢崩れの真上に来ました、大迫力です。
本日の講師は小林さんです。
まさに富士山のエキスパートで、富士山の事なら何でもご存知です。
さすがにプロガイドさん向けの勉強会でした。
私の知らない事ばかりで、私は完全に脱帽です。

0183
今回は私が全然知らなかった古道を歩きました
(事情により、ここでは詳細なルートは伏せます)
(一般の登山者は普通のお鉢巡りの道を歩きましょう)。

0197 0205
私のような飛び入りにも係わらず、皆さんにはとてもご親切にして頂きました。
本当に有難うございました。
久須志神社で佐々木さんや皆さんとお別れを申し上げました。

0216
人も少ない下山専用道を駆け下りました。
下山道7合目の公衆トイレは昨日で閉まったそうです。

0220
経ヶ岳から見上げた富士山です。

0849 0224
頂上から1時間半で、星観荘さんまで降りてきました。
お疲れ様でした。
今夜の星観荘さんは私一人だけの予約だそうです。


今回の富士登山は佐々木さんとお逢い出来、しかもお鉢巡りもご同行させて
頂いて大感激でした。
また、小林さんによる富士山のプロ中のプロの案内とお話も
本当に素晴らしいものでした。
佐々木さんと握手をして貰った瞬間、私の中へ何かが来ました(笑)。
たぶんそれは富士登山への情熱だと思います。
このとき以来、私はますます富士山へと触発された気がしたのでした。

【本日の登山データ】
標高差 1471㍍。 登り、約4時間半。 下り、1時間半。
万歩計歩数 38300歩(お鉢巡りを含む) 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。