FC2ブログ

山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

あの時、携帯が有ったなら・・

これもまた同じく25年も前の話です。
先の記事と同じく私(理容専門学校生)と、地元の親友の大学生3人
(合計4人)とで、とある秋の午後から、
筑波山の今で言う「おたつ石コース」を登山した時の事です。
あの日のことは、未だに忘れる事が出来ません。。

私も親友たち3人も、当時バリバリの“体育会系”でしたから、
つつじヶ丘から女体山の山頂を目指して、それこそ我先にと争いながら
半分走っているような感じで、競争しながら登山しました。

山頂までは、ものの30分も掛からなかったと思います。
岩と岩の間をピョンピョン跳ねながら走って登って行きました。
今思えば、驚異的な体力を皆が持っていました。

女体山の山頂で一息した後は、速攻で車を停めた「つつじヶ丘」へと
これまたお互いに競争しながら走り降りて行きました。
私も当時、体力には他の人に負けない相当な自信が有りましたから
シンガリ(=一番最後)で良いと思って、最後尾で走り降りていました。

これまた、あっと言う間に「つつじヶ丘」に着いてしまいました。
これにて、本日の登山は無事に終了かと思いきや・・

S君の姿が見当たりません。
確か、山頂から先頭を切って降りて行ったはずです。

この時、私を含めた3人は慌てました、背筋が凍りつきました。
もしや、S君が、遭難・・?!

今度は私が先頭を切って、また山頂へと100%本気で走って登って行きました。
他の人たちは疲れてしまっていたからです。

すぐに弁慶茶屋に着きました、ですが夕暮れが迫っているので閉店していました。
私は直感的に、もうこの先にはS君は居ない!、と判断して「つつじヶ丘」に
走って降りて来ました。

つつじヶ丘では、先ほどよりも、もっと深刻な事態となっていました。
相変わらずS君は降りて来ず、所在が完全に不明となってしまったからです。

なすすべもなく、つつじヶ丘の売店の人に事情を話すと、
捜索隊を出すには、費用が200万円は掛かると言われてしまい、
我々3人には大きな動揺が走りました。

それにS君の家に電話を掛けて、事情を知らせたほうが良いのか、
あるいはS君のご家族に、過剰な心配をさせてもいけないとか・・
我々3人も頭の中は、ますます大混乱です。

私は、もしかしたら・・ と閃(ひらめ)きました。
そうです、弁慶茶屋の分岐点から、きっと筑波山神社方面へと
S君は間違えて降りて行ってしまったのではないかと。

この時、こう思った事をしっかりと記憶しています。
無線機みたいなモノが有ればS君と連絡が取れるのになぁ・・と。
今現在では、それこそが携帯電話機なのですね。。

S君が筑波山神社へ向かったと仮定して、我々はダメモトで
車に飛び乗って神社へのスカイラインを走らせました。
もうすでに日没です。

つつじヶ丘を出発して、すばらくすると、そこには・・
薄暗い車道を、一生懸命に歩いて登って来るS君の姿が有りました。
その瞬間、皆が安堵の溜息をつきました。本当に安心しました。
遭難していなくて良かったです。

当時の筑波スカイラインは歩行者の歩行は禁止だそうでしたが、
特別に料金所のおじさんに許可を貰って、歩いて来たそうです。

その後私は、S君に怒った事を覚えています。
他の友人は、泣き出してしまった人も居ました。
複雑な感情だったのでしょう。

何はともあれ、あの時は本当に大変でした。
今でも私の仲間内では、良い思い出の中の笑い話のひとつとなっています。


このページのトップへ

コメント

大変でしたけど、良い思い出ですね。
振り返ると懐かしいような、楽しいような、
ちょっと寂しいような感じがして・・・・。
こういう思い出って、本当に大切ですよね。

  • 2010/05/17(月) 15:59:08 |
  • URL |
  • 柿の種 #-
  • [編集]

悪い事が起きた場合、楽観視する人とさらに悪い事態を想定して考えてしまう人と様々です。
このような人命に関わる状況の下では、安易な事は考えず出来る限りの行動はとるべきだと思います。
しかし経験の少ない学生達ばかりでは気持ちばかりあせって判断に苦しんだのではないでしょうか?
山は危険と頭の中にあっても実際死に直面するような状況に遭遇しないと本当の怖さは判らないものです。

  • 2010/05/18(火) 13:35:09 |
  • URL |
  • みけねこ #G0VbINhw
  • [編集]

柿の種さんへ

ハッピーエンドで終わったから
良かったようなものの、
思い出すと今でも冷や汗をかきます。。e-351

  • 2010/05/18(火) 19:45:30 |
  • URL |
  • yamasuisui #-
  • [編集]

みけねこさんへ

おっしゃるとおりです。
山は舐めてはいけません、
と言いますが、実際に経験しないと
その怖さは判らないでしょう。
判断力は、若い頃よりも付いたので
歳を取るのも
悪い事ばかりじゃありませんね。。e-440

  • 2010/05/18(火) 19:48:30 |
  • URL |
  • yamasuisui #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。