FC2ブログ

山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

5月3日 ②筑波山敢えて渋滞飛び込み登山(笑)

つつじヶ丘で休憩後、再び出発です。
筑波山登山人気NO1の 「おたつ石コース 白雲橋コースの上部」
を登ります。
ここからは、登山道の混雑&渋滞を覚悟しました。。

2121 2125
登山口の入り口に有る、名物の 「ガマ大明神様」の前で記念撮影。

2126 2123
つつじヶ丘の駐車場は、ご覧のように満車です。
10:55、スタートしました。

2127 2128
10分ほど登った「つつじヶ丘高原」で異変が見られました。
何と ツツジが咲いていません。。 (楽しみにしていたのに・・絶句)
本来ならば今月5月は、筑波山では「つつじまつり」が開催されている
時期なのですが、これではお祭りにはなりません。

2129
気を取り直して、先へ進みます。
ここまでは、登山客は思ったほど多くは居ませんでした。

2131 2133
おたつ石コースの標識も新調されていました。
ニリンソウやスミレは、元気良く咲いていました。

2135 2137
汗ばんできた頃に、弁慶茶屋跡に到着しました。
ここには大勢の登山客の姿がありました。
道標を背にTさんの記念写真を
ここからは、白雲橋(しらくもばし)コースの上半分部分へと接合します。

2142
そして、いよいよ筑波山の象徴とも言うべき「弁慶七戻り」へ。

2149 2150
昨年の同時期のGWよりは、多少は空いていました。
写真撮影も余裕で出来ましたので。
(写真右 撮影Tさん) 

2151
が、何処に行ったかと思ったら、あんなに上の所に。
「高天ヶ原」と言う場所です、江戸時代には人気が有った場所だそうです。

2154 2155
筑波山は初めてのTさんには、じっくり奇岩怪石を見学して貰いました。
「母の胎内潜り」で小洞窟を潜(くぐ)って貰ったり、
「陰陽石」を見て貰いました。

2156 2157
「出船入船」、「裏面大黒天」と続きます。

2161 fgr
「北斗岩」の穴を潜って先へ進むと、登山道も終盤戦です。
(写真右 提供Tさん) 

2164 2165
「大仏岩」を見上げるようになると、待望の頂上は間近です。

2167p ryj
ところがどっこい、ついに大渋滞にハマってしまいました。
女体山直下の登山道は、とてもか細いので人が1人しか通れないので
登る人と、降りる人が鉢合わせしてしまうので渋滞になってしまいます。
それに女体山の頂上の混雑が渋滞に拍車を掛けています。
(写真右 提供Tさん)

2168p
12:15、つつじヶ丘から1時間20分掛かって、女体山の山頂に着きました。
そんなに広くない山頂には、これまた人、人、人です。
(赤い矢印の下に が写っています)。

気温も上がって24℃です、暑い初夏の気温です。

2172 2174
それでも何とか、人混みをかき分けて山頂の最前部分へと登りました。

vbg rgr
は、通算5度目の筑波山登頂達成です。
やや霞が掛かっていますが、風も無く、まあまあの眺望でした。
(写真左右 提供Tさん) 

2180
Tさんは、他の登山者さんの記念写真を撮ってあげていました。
プロの写真家さんに撮って貰えるなんて、この人たちはラッキーですね。

2186
昼食は、せきれい茶屋さんで、「つくばそば」を戴きました。
、大絶賛のお味でした。
意外に茶店内は、思ったほどは混んではいませんでした。

2187 2189
お腹が満腹になったら、御幸ヶ原へと向かいます。
少しでも人混みを避けようと脇道を歩きます。
13時過ぎに御幸ヶ原に着きました。観光客で一杯です。

2198 2204
Tさんのご希望で、カタクリの花を探しに自然研究路北側へ。
数輪のカタクリが何とかギリギリ健在でした
(来週には、恐らくもう無いでしょう)。
カタクリが姿を消しても、ニリンソウの花は元気一杯で満開でした。
Tさんにとっては、人生初めてのカタクリの花だったそうです。

2206
カタクリの花を撮影するTさんの姿に、
カメラマンとしてのプロ根性を見た想いがしました。

2211
Tさん念願のカタクリの花をゆっくり撮影して、
再び女体山方面へ向かいました。
下山のケーブルカーに乗ろうとしている人の行列が、
100M位出来ていました。

2212
再び、せきれいさんの前を通りました。
は再度お土産を物色中。。
せきれい茶屋の奥さんに挨拶をして下山に向かいました。

2213
女体山の肩まで来ました。ここから裏筑波方面へ下山します。
さっきよりも、もっと人が多くなっていました
物凄い人、人、人です。。

2214 2216
14:08、下山を開始します。
が先頭を切って降りて行きます。
筑波高原キャンプ場コース(別名:三本松コース)を降ります。
ここから先は、人影はまばらになります。
GW中でも、静かな筑波山が楽しめます。

2218 2217
5分ほど下った登山道の脇に、元気なカタクリの花が咲いていました。
先ほどの自然研究路北側のカタクリの花よりも綺麗でした。
ここで、恐らく今シーズン最後のカタクリを写真に収めました。

2221 2222
前回の薬王院コースでの登山の経験で、 の歩き方も板に付いてきました。
先行者のグループを次々に追い越して行きました。
気温も22℃に下がって楽になりました。

2226 2230
Tさんはマラソンランナーですので、強靭な体力の持ち主でした。
写真を撮る時は立ち止まって遅れますが、すぐに追いつきます。

2232
高原キャンプ場にはGW中なので、大勢の宿泊客が居ました。
小休止後、つつじヶ丘に向けて出発です。

2237 hjn
東筑波ハイキングコースを経由します。
(写真右 提供Tさん) 

rth 2238
森の中の渓流を気をつけて渡ります。
(写真左 提供Tさん) 

2245 2248
森を抜けてから、砂利道の林道は多少登り坂になります。
道も単調で、つつじヶ丘まで遠く感じられました。

2249 2251
15:40、つつじヶ丘に到着しました。
相変わらず、駐車場は満車状態でした。
ここで最後のオヤツタイムをしました。
すると、頭上にはヘリコプターが飛来。(写真はX16)
女体山山頂の上で、暫くホバリングをしていました。
消防のレスキュー隊もスカイラインを登って来ました。
どうやら滑落事故らしいです。

2253
つつじヶ丘からは、「迎場コース」を歩いて筑波山神社へと向かいます。
夕暮れの森の中の約2KMが、とても長く感じました。

2260 2261
酒迎場分岐を過ぎて、やっと白雲橋コース入り口の石鳥居まで
降りて来ました。
が、思わずバンザイ

2263 2264
人里に降りて来ると安心します。
筑波山神社で本日の安全の御礼をしました。

2265 2266
神社の隣りの大御堂にもお参りしました。
スダジイの大木がいつ見ても見事です。

2268 2271
下山は、西山通り → つくば道 を歩きました。
下山道でも絶景を

2278 2277
麓まで降りて来ました。
にジュースを買ってあげて慰労。。

2280 
筑波山は登って良し、麓から眺めても良しの山なのです。

njm cvjy
聖徳太子の時代から有ると言う田んぼに夕日が輝きます。
(写真左右 提供Tさん) 

2286 2287
脚が棒になった頃、神郡(かんごおり)の信号十字路に戻りました。

2291 2292
17:40、神郡の駐車場に到着しました。
下山も、3時間半の長旅になりました。
お疲れ様でした。

本日の登山歩行データ: 歩数=4万1千歩、総歩行距離24㌔ でした。

今回は、私にとっては何回も単独行で歩いたルートでしたが、
仲間と歩くとより楽しい山行になりました。
も楽しかったと言ってくれて良かったです。
お天気も最高で、初夏を肌で感じました。
カタクリの花も何とかギリギリで観られて安堵しました。
ですが唯一、ツツジが咲いていなかったのが残念でした。

※Tさん撮影のプロならではの写真も載せさせて頂きました。
 クリックして拡大して、じっくりとご覧になってみて下さい。

このページのトップへ

コメント

滑落事故

この日は混雑を避ける為にも、知る人ぞ知るアドベンチャーなルートを選択して頂きましたv-14
幸い自分も道はあるけれど人の踏み跡が少ない道が好きですe-251

カタクリの花はもう殆ど終わっていたにも関わらず、時間をかけて探して頂き有難うございましたe-319
おかげ様で目的の一つを達成する事が出来ましたe-284

たまたま事故にも遭遇しましたが、難しい登山ルートでなく一般的な何でもない登山道で起きたようですねe-350
険しいルートでないから緊張感も無く気も緩みがちになりますよねe-447
最近は簡単に登れる山ですとかなり安易な装備の人を良く目にしますe-464

  • 2010/05/08(土) 20:37:21 |
  • URL |
  • みけねこ #G0VbINhw
  • [編集]

みけねこさんへ

v-205にも、アドベンチャー的なコースをと
希望されていましたので、
丁度良かったです v-221

カタクリの花は、私のとても好きな花です。
残っていて本当にラッキーでした e-454

今回も事故現場は、女体山の山頂付近だと
思います。e-447
山頂の岩場は本当に滑りやすいので、
慎重に景色を楽しんで貰いたいものです。

  • 2010/05/08(土) 23:24:09 |
  • URL |
  • yamasuisui #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム