山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

私の体感・富士登山ガイド【5】

早いもので5月になりました。
今年の夏も富士山への登山を計画されている方も
多いと思います。
私もそうですが、そろそろ富士登山に向けての
トレーニングを開始されたほうが良いでしょう。
そのトレーニングについての考察を述べてみます。

1、とにかく持久力を養うこと

富士登山は、とにかく長丁場の登山となります。
5合目から登ったとしても、初心者ならば登るだけでも
6~8時間は掛かると見ておいたほうが良いでしょう。
ですので、富士登山は一種のマラソンに近いです。
長距離走と同じですので、途中で休んでばかりいては
頂上は全然見えてきません。
ですので、普段の山歩き中には、
なるべく立ち止まらないような訓練をするべきです。
もちろん、登山中の休憩も身体には必要ですが、
要はメリハリをつけて山を登るトレーニングを
してみて下さい。

2、富士登山トレーニングは富士山でしか出来ない

言うまでもなく、富士山は日本一の高山です。
標高は軽く3000Mを遥かに越えます。
3000Mを越えると、一気に空気が薄くなる感じがします。
この感覚こそが、富士登山最大の難関なのです。
ですが、この空気の薄さを克服するトレーニングは
普通の山歩きでは出来ない事を思い知っています。
この点については、私も富士登山当日本番で
何とか乗り切るしか方法はありません。

ですが、当日の呼吸法や、事前のトレーニングで
かなりのリスクを軽減出来る事も知りました。
富士登山のベテランでも、シーズン初めの1本目は
難しいと思います。


私もその一人ですが、誰しも富士登山を
“効率良く&しかも少しでも楽に”登りたい
と願っているはずです。
私は既に20本以上登頂していますが、
今でも少しでも楽に登れる方法を常に考えています。
今までの経験した上で言える事は、
富士山は、当日ブッツケ本番で登るよりは、
事前にきちんと用意周到完璧で登ったほうが
遥かに楽です。
私も富士登山に向けてのトレーニングを頑張ります 

(※ この記事はあくまで私の主観です、
  クレームはご勘弁を・・)



スポンサーサイト
このページのトップへ

私の体感・富士登山ガイド【4】

【私の感想】

1、富士山登頂成功のカギは、
高山病になるかならないかです。
敗退する人の多くは、高山病になった人です。
高山病にさえならなかったら、
ほとんどの場合、登頂出来ると思います。

2、普通の人ならば、8合目までは誰でも行けます。
現に私の友人(体重100KG)(普段運動全くしない人)も
8合目まで私と一緒に登る事が出来ました。
8合目(標高3000M)からが、本当の富士登山の始まり
だと言っても過言ではないのです。 

3、9合目(3500M)からが、富士登山の真骨頂です。
多くの登山者は、9合目で苦しみます。
空気も薄く、息が続きません。
足も不思議なくらい前に出ません。
登山道も急傾斜になり、歩きにくいです。
私の場合、9合目まで体力を温存しておいて、
一気にここからスパートをかけます。
登山道に居る登山者を全員、ごぼう抜きで抜き去ります。

4、高山病にならないで、必ず登れる富士登山プランを
初心者向きに考えました。
以下のプランです、ご参考まで。

★ 1日目=昼間に5合目到着。
 5~7合目の山小屋に一泊。
 ★ 2日目=早朝から登山。
 正午過ぎには山頂到着→
 休憩後、下山→夕方 5合目駐車場着。
 あるいは、ご来光が見たければ山頂の山小屋で一泊。
 →3日目、ご来光後、下山。
 (余裕があれば、お鉢めぐりをしても良い)

5、最近は、最初から8合目をゴール地点として
富士登山を開始する人が多いと聞いています。
8合目まで登れば、5合目よりも遥かに良い景色が
見られますから、そこをゴールにしても良いでしょう。
山頂だけが富士山ではありませんから。


【総括】
日本人として生まれたからには、
誰しも富士山には興味が有るものです。
言うまでもなく、美しい山体。
その頂上は、どうなっているのか?
そこからは、どのような景色が見られるのか?
と言う興味をお持ちの方が多いと思います。
最初は私もその一人でした。
遠くから眺める富士山は、美しいです。
ですが、その美しさは反面、
富士山の自然環境が厳しいからこそ
美しいのだと思います。
ですから、遊び半分の生半可な気持ちで
富士登山に挑んではいけません。
きちんと道具や必要なものを準備して、
遊びで登るのではなく、
あくまで「登山と言う過酷なスポーツ」をする
という意識で富士登山を計画して頂きたいと
思います。

“富士山は日本一のお山”です。
簡単な軽い気持ちでは登れる山ではないのです。
そんなに富士山は、甘くはありません。

最後に私が富士登山をしている時に、
常に考えている励みの言葉を書いて終わりにします。
「 この一歩一歩が、確実に山頂に近づいている 」


私の体感・富士登山ガイド【1】←クリックして下さい
私の体感・富士登山ガイド【2】←クリックして下さい
私の体感・富士登山ガイド【3】←クリックして下さい


これにて、このシリーズは一旦終了です。


このページのトップへ

私の体感・富士登山ガイド【3】

【富士山現地・山歩き編】

Q1、昼間と夜間の登山、どちらが良いですか?
A1、昼間の明るい時間帯に登ったほうが楽です。
ご来光を見るための夜間(徹夜)登山は、
精神的にも肉体的にも、ものすごくハードです!
夜間登山は、暗いし、寒いし、眠いし、
足元はよく見えないしで大変疲れます。
ただし、晴天時の夜間登山は、流れ星が見えたり、
ふもとの街の夜景が見えたりと良い事もあります。
私的には、昼間の富士登山のほうが景色も
見れるので好きです。
夜間登山は、昼間の登山の2倍の疲労感が
有ります。

Q2、ご来光は必ず見られますか?
A2、山頂までたどり着いても、綺麗なご来光を
拝める確立は50%と言われています。
ですから、ご来光が見られた登山者は
とても幸運な人です。
天気予報を見て大丈夫だと思っても、
山頂に登ってみないと見れるかどうかは
判りません!
スバルライン(吉田口)では、
6合目から山頂まで、全ルートでご来光が
見られます。
しかし、富士宮口では、山頂まで登り切らないと
地平線からのご来光は見られないそうです。
ですから、スバルライン(吉田口)ルート
のほうが、ご来光を見るのは安心です。
それから、ご来光は必ずしも頂上から見なければ
ならない、と言うのは間違いです。
富士山の8合目から見ても、山頂から見ても、
ご来光は大差は無いと思います。
山頂からご来光が見たい!と言うのは、
多くの人のイメージ&自己満足にすぎません。
富士山8合目まで行けば、空気はものすごく
澄んでいますから、とても綺麗なご来光です。

Q3、高山病って何?
A3、私は5合目まで車で登って、
それから登山すると、毎回必ず高山病になります。
メインの症状は、頭痛です。
この頭痛は普通の頭痛と違って
薬を飲んでも治りません。
それから、吐き気、食欲不振、嘔吐、眠気、
身体のダルサ等の症状になる人も居ます。 
深刻な高山病になると、意識を失います。
最も有効な治療法は、下山する事だけです。
頭痛も下山すると、自然に治っています。
5合目で、すでに持参したお菓子の袋が
パンパンに膨れます。
このような事が人体にも起こっていると
考えられています。
私は車で登ると高山病になりますが、
1合目の馬返しから徒歩で登ると高山病に
なりません。
急激な気圧の変化が人体には、いけないのです。
ですから、高山病にならないようにする
対策が必要です。
5合目まで車で登ったならば、
すぐに歩き始めるのは厳禁です!
まず数時間は、5合目の気圧に
身体を慣らしましょう。
昨年の8月には甥っ子(当時小5)と富士山を
登りましたが、初日は頂上まで行かずに
6合目の山小屋で一泊して身体を
高度順応させました。
その効果で無事に頂上までたどり着けたのでした。
(スバルライン・吉田口登山道と、
富士宮口登山道には、8合目に臨時診療所を
夏季のみ開いてくれます。
もしも高山病が酷いようならば利用しましょう)。 

Q4、トイレは?
A4、富士山の山小屋のトイレは、
全てバイオトイレで有料です(¥100~200位です)。
トイレは綺麗に掃除がしてあり、問題ありません。
手洗い用の水が無い所もありますので、
ウエットティッシュは必需品です。
水溶性のトイレ用ペーパーも
各自でご持参をお勧めします。

Q5、富士山には水が無い?
A5、富士山は軽石みたいな溶岩の山です。
ですから雨水は全部地面に沁み込んでしまいます。
全く水が無い岩砂漠みたいな山です。
水道も無く、各山小屋は雨水を貯めて使っています。
登山者用のお風呂も、もちろんありません。     
富士山中では、水は本当に貴重です。

Q6、山小屋はどんな感じ?
A6、山小屋は富士山のオアシスです。
山小屋が有ると本当に助かります。
ベンチが有って休憩が出来ますし、
飲み物や必要な物を買えるからです。
登山者にとって、山小屋は頼れる存在です。

Q7、スバルライン・河口湖口 5合目~頂上まで
どのくらいの時間がかかりますか?
A7、昨年8月に甥っ子と超スローペースで
休憩時間を含めて{7時間}でした。
初心者は、6~8時間くらいだと思います。
どんなに遅い人でも、10時間有れば山頂まで
行けると思います。 
ちなみに私は5合目からなら平均で、
4時間丁度位(休憩時間含む)です。
1合目の馬返しからは、休憩時間を含んで
7時間位です。

Q8、同じく下山にはどの位の時間がかかりますか?
A8、若い人ならば、3時間くらいで5合目の駐車場に
着きます (スバルライン・吉田口)。
私は、走って下山しますので、2時間です
(走って下山するのは、慣れていないと危険です)。
甥っ子は降りるのは早くて、2時間半で下山を
完了しました。
下山する時のほうが、膝(ひざ)を痛めます、
ご注意を(サポーターが有ると楽です)。

Q9、山小屋の人は親切ですか?
A9、普通です。山小屋のスタッフさんは、
毎日とても忙しく、しかも重労働なのです。
(もちろん、とても親切な人も居ますが・・)
登山客が多すぎて、一々対応して貰えません。
ですが、彼らを悪くは言えません。
大勢の登山客を相手に、悪条件の長時間労働下の
山小屋のスタッフ(アルバイト)さんは大変ですから。

Q10、高山病にならない方法は?
A10、とにかく「ゆっくり登る」事です!!
急いで登ると高山病になりやすいです。
5合目でスタートすると、すぐに大学生グループが
ダッシュで登っていきます。
しかし、その人達の多くは8合目でリタイヤ(敗退)、
もしくはかなりのスローダウンです。
私も、スピード登山は出来ますが、
わざとゆっくり登ります。

Q11、バテたら、どうしますか?
A11、バテてしまったら、どうしようも有りません。
リタイヤして下山するか、山小屋で休憩(仮眠)
するかです。
それよりも、バテないようにする事が肝心です。
常に少量の水分を飲む、持参したお菓子を食べる、
などの工夫が必要です。
結構富士登山は頭を使います。

Q12、景色は素晴らしいですか?
A12、見下ろす景色は素晴らしいですが、
時には影富士が見れたり、真ん丸の虹を見たり、
地上では見られない現象や景色を見られる
事もあります。
ですから私は富士登山は辞められません。
5合目からの景色よりも数倍素晴らしいと言えます。

Q13、富士登山の疲れない歩き方は?
A13、まずは歩幅は、小さめで歩きましょう。
大股歩きは疲れます。
それから段差の、なるべく小さい所を探して
歩きましょう(歩数が多少何歩か増えてもです)。
カーブは、外側を大廻りで!
内側は砂利が積もっていて滑ります。
それから、8合目(標高3000M)以上になったら、
腹式呼吸で息をしましょう。
息を吐く時に、思いっきり吐き出します。
そうすると自然に深く吸い込めます。

Q14、富士山は誰でも山頂まで登れますか?
A14、残念ながら誰でも山頂まで登れる
訳ではありません。
5人中2人は、途中リタイアとなってしまうと
言われています。
リタイアの多くの原因は高山病のためにです。
体力脚力が劣るからと言う理由ではない
みたいです。   
年齢も高齢になって、高血圧や心臓病などの
持病が有ると、登頂は困難になると思われます。
心配な方は医師とご相談を。 

富士登山ガイド【2】←クリックして下さい
富士登山ガイド【1】←クリックして下さい



このページのトップへ

私の体感・富士登山ガイド【2】

【装備編】

Q1、必ず必要な持ち物は何ですか?
A1、●ザック(最低でも25リットル以上の容量の物)、
登山専用のザックが背中に背負っていて楽です。
(小さいザックだと、荷物が入りきりません!)  
●雨具(カッパが必要です)
(傘やレインポンチョはダメです。
富士山では雨粒は上からではなく、
下からも吹き上がります。
従って傘は役に立ちません)。
●長袖の登山シャツ(吸水速乾シャツならば、
何でも良い。ユニクロの安価なドライシャツでも可)。
●帽子・UVケア/日焼け止めクリームなど 
(好天の富士山の日差しは物凄く強烈!です)。
●ヘッドランプ(無ければ懐中電灯や
ペンライトでも良い)。
富士山では、歩行時間が読めません。
下山が日没後に掛かる事も有り得ます。
ライト類は必ず持参しましょう。
●防寒着(ダウンジャケットやフリース)
(山頂の気温は想像以上に物凄く寒いのです!)
(無風なら何とかしのげますが、
山頂で風が有ると超寒いです~!)
●最低限の医薬品や、絆創膏は持参しましょう。
テーピングのテープが有ると、万が一捻挫した時に
応急手当が出来ます。
靴擦(ず)れも、このテーピングテープで何とか
歩けます。

Q2、登山靴(トレッキングシューズ)は必要ですか?
A2、履き慣れた登山靴が有れば良いのですが、
無ければ普段履き慣れたスニーカーでOKです。
無理して新調した登山靴で、靴擦れになる位なら、
履き慣れたスニーカーのほうがはるかに良いです。
登山初心者の多い富士山では、
スニーカーの人が多いです。
ただし、下山後はスニーカーの靴底は、
かなり傷みます。
私自身も最初のうちは、登山靴を持って
いなかったので最初のうちは富士山を
5~6回はスニーカーで登りました。
それから、スニーカーは運動靴タイプに限ります。
カジュアル靴ですと、登山中に靴底が剥がれる
アクシデントが多発しています。
スニーカーでと言っても、靴底が剥がる心配が
ないかどうかを確認してから登山を開始して下さい。

Q3、水は、どのくらい持って行けば良いですか?
A3、5合目からならば、常に1本だけ(500ml)の
ペットボトルで大丈夫です。
もしも心配でしたら2本持てば、確実です。
水モノは重いので最小限を持ちましょう。
たとえ値段が高くても、山小屋で飲み物を
買いましょう。
無くなりそうになったら、その都度買いましょう。
下界から大量の飲み物を持参する事は、
普通の体力の人は、必ずバテます。
買った本数分だけ、山小屋で空のペットボトルを
回収してくれますので助かります。
(下界から持参してきたペットボトルは、
空になったら責任を持って自分で持ち帰りましょう、
山小屋ではゴミの処分費だけでも
莫大なお金が掛かるそうです。協力しましょう)。

Q4、携帯の酸素缶は効果がありますか?
A4、人によります。効果がとても有ると
言う人もいますが、そうでもない人も。
ちなみに私は、何度も試しましたが効果無しです。
でも、私の甥っ子には少しは効果が有った
みたいです。
酸素缶を持っていると、富士登山をしている!
と言う雰囲気が出ますから、持参しても良いかもです。
酸素缶は中身がAIRなので、とても軽いです。

Q5、食料は買えますか?
A5、一般的な物は買えます。
私的には、バナナが超お薦めです!
 
Q6、チョコレートや飴玉は、持参したほうが
良いですか?
A6、富士山では必要です。
甘いものは、即エネルギーになるのでお薦めです。
また、甘いものばかりではなく、
梅干などの塩分を含んだものがとても登山には良いです。
(お菓子類は、思ったよりもそんなに食べません。
少量だけを持参しましょう。荷物は軽くしましょう。
万が一無くなっても山小屋でも売っていますので)。

Q7、夏の富士山って暑い?寒い?
A7、例えば東京が35℃だったら、
富士山5合目は20℃だと言われています。 
ですから、とても涼しいです。
またその時の山頂の気温は10度以下です。
山頂は、常に寒いくらいです。
特に、ご来光待ちの夜明け前は、
体感温度は氷点下です。
防寒着&手袋は、必ず必要です。

Q8、スパッツは必要ですか?
A8、スパッツとは、靴の中に砂や砂利が入らない
ように、靴の上に履く、カバーの事です。
一言で言えば、「砂走(すなばしり)」を歩かなければ
不要です。(「砂走」では必要)。
ですから、吉田口・スバルラインや、
富士宮口では、必ずしも必要ではないようです
(でも有ったほうが便利です)。
市販品を買わずに、布切れで自作しても
良いかも知れません。
アームカバーの足版みたいに作ります。

Q9、お金は?
A9、小銭(100円玉)を多めに持参しましょう。
富士山のトイレは、チップ制の有料トイレです。
1回 100円または200円です。
山小屋の人が見ていないからと言って
お金を入れないでトイレを使うのは、マナー違反です。
管理費や処理費も大変だそうですので
チップには必ず協力しましょう。

Q10、有れば便利な物は?
A10、スバルライン(吉田口/須走口)の下山道は
乾いていると、物凄い砂埃が舞い上がります。
ですので、紙マスクが有れば便利です。
紙マスクが無ければバンダナを口に巻くのも一案です。
それと、ゴーグルをすれば万全です。
眼に砂埃が入ると痛いです。
コンタクトレンズを使っている人は特に要注意です。
あと、山小屋に泊まる人は、耳栓が有ると良いです。
隣りの人の寝息などが聴こえなくて良いです。
富士山には水が無いので、ウエットティシュが有ると
重宝します。
富士山での日差しは、考えられない位に強烈です。
サングラスが無いと、後で眼が炎症になる人が多いです。

Q11、富士登山では、木の杖(つえ)を持った人を
見掛けますがアレは必要ですか?
A11、富士山の山小屋や売店で売っている「木の杖」は
「金剛杖(こんごうづえ)」と言います。
昔の富士登山は宗教的な要素がより深いものでした。
信者は、この金剛杖を突きながら富士山を登ったのです。
富士山の金剛杖は、その名残だと思われます。
結論から言いますと、金剛杖は有ったほうが良いです。
必ずしも登りでは必要ありませんが、
下山の時に有ればかなり役に立ちます。
杖が無くて、難渋している登山者が多いです。
富士山の各下山路は、溶岩の砂礫で、
しかも急傾斜で滑りやすいです。
金剛杖が有れば、少々スリップしても安心です。
金剛杖ではなく、普通の登山用のステッキでも
良いのですが丁寧に扱わないと、
ステッキはすぐに傷だらけになります。
富士山は他の山と違って、登山道も岩角ばかりで
ステッキにとっても、厳しい環境なのです。
ですので、ステッキを傷だらけにしたくない人には
金剛杖をお薦めします。
金剛杖は、1本¥1000~¥1500位で売っています。
それに金剛杖には、各山小屋オリジナルの「焼印」を
押して貰う事も出来ます。
「焼印」は一般的には1ヶ¥200です。
各山小屋で「焼印」を押して貰った金剛杖は、
きっと後で想い出のこもった記念品になる事でしょう。

Q12、膝や脚が痛いのですが、良い道具は有りますか?
A12、膝が悪い人には、ストックを2本使って登山する
方法もあります(ダブルストックと言います)。
登山用ストックは高価なので、スキーのストックを
2本使って歩けば、膝への負担も減らせます。
私も過去に膝を痛めていた時期がありましたが、
金剛杖を2本使って両手に持ち、
無事に富士山を登って降りてきた経験があります。
それと、膝が悪い人にはサポーターをすれば
かなりの痛みを抑えることが出来るようです。
私も膝痛予防で普段から山歩きでは、
膝サポーターを巻いています。
単純な安い1本ベルトの膝サポーターでも
かなりの効果が有るようです。
昨年の富士登山では、私の甥っ子にも
膝にサポーターをさせましたが、
全然痛くならずに快調に歩き通せました。


このページのトップへ

私の体感・富士登山ガイド【1】

最近、夏の富士登山についての質問を
受ける事があります。
それについて書いてみました。


☆富士登山のアドバイス☆
●Q&A方式で、書いてあります。

【基本編】

Q1、どのように富士山に行けば良いですか?
A1、バスは新宿駅から富士急行線が出ていますので便利です。
電車ですと、駅を降りてからバスに乗り換えなくては
なりません。
マイカーは、5合目の駐車場に停められない規制日や、
あるいは駐車場が満車で、停められない事もあります。

Q2、富士登山の時期はいつが一番良いですか?
A2、7月1日(お山開き)から 8月26日(お山仕舞い)
位までです。
6月には残雪が有って雪山経験者以外は登れません。
9月になると登山者もグッと減って静かになります。
積雪が無くて天候が良ければ9月でも登頂は可能です。
しかし、頂上の山小屋は全てクローズしています。
吉田口登山道の山小屋は9月半ばまで営業して
くれている所もありますので、吉田口がお薦めです。
他の登山道の山小屋は、
9月に入るとほとんど閉まっています。
10月には、ベテラン登山者さんだけの富士山になります。
初心者にはハードルが高すぎます。

Q3、富士登山のコースで一番初心者向きなコースは
どこでしょう?
A3、河口湖口/吉田口(登山道)【スバルライン】です。
山小屋の数も圧倒的に多くて安心です。
それに登山道の傾斜角も緩くて歩きやすいほうです。
その他の主要な登山道は、●富士宮口 ●須走口 
●御殿場口 が有ります。
御殿場口は、旧2合目からの出発で、長距離コース
ですから、かなりのベテラン向きです。

Q4、夏の富士山はいつ混みますか?
A5、例年7月後半の土日と、8月の終盤時期です。
この時期には、富士スバルライン、
富士山スカイラインとも自家用車の通行止め
規制になります。
(自家用車は大駐車場に停めて、
そこから有料バスになります)。
また、登山道も大渋滞で進みません。
トイレも大混雑です。他の日にしましょう。

Q6、富士山で一番怖い事は?
A6、まず「雷」です。
登山道には隠れる森も全く無い状態です。
人体に落雷する危険が高いです。
一目散に山小屋に避難しましょう。
それから、「落石」です。自分が蹴飛ばした石が
落石となり、下を歩いていた人を直撃する
危険があります。
落石を出さないようにしましょう。
また吉田口の下山道にはコンクリートで出来た
トンネルが有ります。
かなりの危険箇所ですから必ずその中を通りましょう。
(昭和55年に大事故が有った場所です、注意しましょう)

※警察白書より: 昭和55年8月中旬、富士山の8合目
から7合目にかけての砂走りを下山中の登山者らは、
9合目久須志(くすし)岳から崩落し吉田大沢砂走りを
転げ落ちてきた約50個の岩石の直撃を受け、
12人が死亡、31人が重軽傷を負った。
山梨県警では、警察官170人を動員し、関係機関、
団体と協力して負傷者の救出、登山者の避難、
誘導等に当たった(山梨県警)
(この年は皮肉な事に、富士山ご縁年と言う特別な年
だったので登山者が極めて多く、被害も甚大でした)

Q7、ツアー登山 OR 個人(グループ)登山 
どっちが良いの?
A7、ツアー登山は、参加者の中で
「最も遅い人のペース」で登らなくてはなりません。
ですから、私的には個人登山のほうがお薦めです。

Q8、雨の日は登れるの?
A8、台風の時や、風が強くなければ登れます。
ただし、お薦めはしません。
レインウエアを着ていても湿気で蒸し暑いですし、
景色も見えません。
普段山歩きをしていない慣れていない人は
雨の日は登るのはやめましょう。
しかし運が良ければ、雲の上(8合目より上)は
晴れている事もあります。

Q9、山頂はどんな感じですか?
A9、山頂はとても広大です。
中心に直径600Mの噴火口が有って、
大きな口をポッカリと開いています。
溶岩だらけで、何だか他の惑星に来ている感じです。
この噴火口を一周廻れる道が有ります。
この道を歩く事を「お鉢めぐり」と言います。
一周廻るのに、急いでも1時間はかかります。
天気が良い時にのみ、お鉢めぐりをして下さい。
悪天候の時は大変危険な道です。

Q10、本当の山頂って?
A10、実は、登山者の多くは、富士山の頂上まで
行かないのです。
真の頂上は、旧富士山測候所の場所に有る、
「剣が峰(けんがみね)」が頂上です。
剣が峰までは、まだかなり歩かなければならない
場合が多いです。
ですので、一般の多くの登山者は登山道のGOAL地点
に有る鳥居で頂上としています。
体力と時間に余裕があれば、大変ですが、
剣が峰まで行ってみても良いでしょう。

Q11、現金武装って何ですか?
A11、富士山の山小屋には、最低限の登山に
必要な物は、ほとんど全て売っています。
山頂での飲料のペットボトルは¥500。
カップラーメン¥1000。カレーライスは¥1200。
気分が悪くなったり体調が悪くなった時には無理せず
山小屋に泊まりましょう、
素泊まりで¥5000~です。 
ですから、万が一のためにお金は多めに持って
いきましょう。

Q12、富士山の登山道やトイレは綺麗ですか?
A12、現在は、とても綺麗です。問題ありません。

※この記事は、あくまで私の体験での私見です。
 ガイド本や各個人の考えで意見が違うかも
 知れませんが、 クレームはご容赦下さい。
※今シーズンより、【河口湖口】は【スバルライン5合目】
へと道標表示が変更になりました。
行かれる人は必ず覚えておいて下さい。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。