山歩き日記 ER アーカイブ

過去のハイキング登山&旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

6月29日 突然エンジンがストップ!

火曜日の夕方、東京・亀有の先輩の店で行われる練習会に行くために
バイクに乗って出掛けました。

松戸市に入り河川敷の近道を走ります。

ところが、いきなり何故かエンジンが“ポポポポ・・・プスン”。
と突然ストップしました。

私の後から追従車が何台も来ていたので、ガードレールの切れ間へと
目がけてバイクを無事に緊急停車させました。

セルモーターを廻しましたが、連続回転させるとすぐにバッテリーが
あがってしまいますから、何回か慎重に廻しました。
ですが、エンジンは全く始動しません。

自分なりに簡単に点検しましたが、エンストした原因が判りません。
仕方なく、加入している○×保険のコールセンターに携帯から
初めてのレスキューを依頼しました。

レスキューの依頼でも、大きな問題が有りました。
それは、エンストしている現在地の町名と地番が判らないのです。
近くの民家にも表札さえなくて、どうにもなりません。
もしやと思い、電信柱を見ましたら、町名らしき表記がありました。
それに、500M先には確か中学校があった旨を伝えたところ、
現在地がやっと確定しました。

ですが、これからレッカー車が来るには最低でも40分は掛かる
と告げられました。

レッカー車を待つ間に自分で車載工具を使って、
ダメモトで修理作業をしてみる事にしました。
こういう時は、点火プラグを観て見れば原因が判る事が多いからです。

1v 2v

ビッグスクーターは、こう言う時は泣けてきます。
車体を覆ったカバーは、とても外し辛いからです。

やっとカバーを外して、エンジンの近くを手探りでプラグの位置を探します。

するとどうでしょう、何と! 点火プラグコードが宙ぶらりんでした!!
つまりは、これでは点火プラグへ電流が流れない訳です。

このバイク、{Skywave250・初期型}は、単気筒SOHCエンジンですので
バランサーで振動を打ち消してもエンジン自体の振動が大きいです。
それに愛車はすでに、13年経過車ですので、徐々に傷みが来る頃です。
なので、こう言う故障になったのだと思われます。

コードを点火プラグと繋げましたら、即時にエンジン復活です!(笑)

私は永年バイクに乗っていますが、単気筒エンジンでの
点火プラグコード外れは初めての経験でした。

すぐに、レスキュー不要の電話を入れて、
再び無事に亀有へ向かう事が出来ました。
本当に冷や汗をかきました。。
スポンサーサイト
このページのトップへ

5月17-18日 信州安曇野ツーリング

今日は、T氏との恒例のバイクツーリングです。
今回の旅の目的は、頭に雪を被ったアルプスの写真を撮る事です。
早朝5時に自宅(千葉・流山)を出発しました。

2742
05:43、外環道・新倉PAでT氏と落ち合いました。
その後は、関越道・川越ICでアウト。
国道16号→入間からは国道299号を信州まで、ひたすら走るルートです。

2746 2747
自宅から約3時間、埼玉県・秩父の「道の駅・あしがくぼ」で休憩しました。

2748
自販機のジュースでは味気無いので、持参したテルモスのお湯で
ホットキャラメルドリンクを作りました、お茶菓子も少々。。
(バイクに乗ると、何故かお腹が減ります  )

2773
やがて、国道299号線は市街地を抜けて気持ちの良い山道へ。

2763
埼玉県から群馬県になりました。
ここでまた小休止です。

2759 2760
恐竜の足跡が、岩肌に残されています。
ここのすぐ近くの施設では、恐竜の化石の発掘体験が出来るようです。

2764 2779
ここ、群馬県・神流町(かんなちょう)は、恐竜の町のようです。
この先からは、4輪車は走りにくい狭い舗装林道になっていきますが、
2輪車にとっては、とても楽しい山道です。

2788 2791
狭くて急なコーナーが連続しますので、
ゆっくり味わいながらバイクを走らせました。

2800
群馬&長野の県境にある「十石峠」に着きました。
自宅からここまで、すでに5時間半もバイクに乗っています。

2801 2797
十石峠には、展望台も建っています。。  その景色は・・(T氏撮影)

2809
T氏が展望台に登っている間に、私は軽食の準備を。

国道299号→(佐久穂)国道141号→(佐久)国道18号を走りました。
浅間山の噴煙がハッキリと見えていました。

2813
上田市内に入った所で、昼食にしました。
ここまで来たからには、何と言っても信州蕎麦が食べたいです
「赤石」さんに入ってみました。

2817 2819
店内は雰囲気も良く、お客さんで賑わっていました。
よ~く観て見ると、欄間に何かスゴイモノが

こんなに大きなカブトムシは初めて見ました。
いったい、いくら位するんだろう
この大きさで筑波山のガマの置物だとしたら、軽く数十万はします。。

2821
海老天蕎麦(¥1100-)美味しく戴きました。

その後は、国道143号→工事通行止めで県道12号で大迂回。
県道55号→国道19号→国道147号→穂高温泉郷と走りました。

2841 2846
15:17、今夜の宿である「カイザーベルグ穂高」に着きました。
自宅を出てから、距離は305㌔、10時間以上の長旅でした。
ちなみに、この宿は会員制でバイクライダーだけの宿です。

2832 2835
荷を解いてから、またバイクに乗り込みました。
穂高川と、国営アルプス安曇野公園に写真を撮りに行きました。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

2851 2856
翌日18日です。AM08:15に宿を出発しました。


2861 2862
宿から20分程の場所にある「大王わさび園」に行ってみました。
朝のうちの時間帯のアルプスは、ひときわ綺麗でした。

2866 2871
ここでの写真撮影のベストスポットは、水車です。
しかも水車は3連で廻っているのです。

2872
T氏が夢中で撮影に没頭している間に・・

2876
私は、他の場所も撮影しに歩き廻りました。
ワサビ田に冷水を運んで来る清流が美しい。

2879 2880
あいにく、その主役のワサビ田は、日焼け防止の幌(ホロ)で覆われていました。
幌の隙間からは、見事に育ったワサビが。

2885 2888
ワサビ田の脇の丘の上からは、アルプスの峰々が美しく見えました。
一際目立つ峰は、日本百名山の「常念岳」(2857M)です。(X16ズーム)

2901 
大王わさび園の名物「わさびソフトクリーム」を食べました。
辛さも無くて食べやすい身体に良さそうなソフトクリームでした。

2918 2921
わさび園からバイクで移動して、池田町立美術館の前へ。
ここは、宿の人に訊いて来た景色の良いスポットでした。

2924 2904
この場所は、高台に有るので気持ちの良い所でした。
傍らには、絵を描いている人も居ました。

2910 2927
私もT氏に習って、アルプスを撮影しました。

2929
昼間は気温もかなり上がって、革ジャンでは汗をかきました。

この後、ちょっとしたアクシデントが有りまして
帰路に就いたのは、ちょうど正午となりました。
時間が無くなったので、全て高速道路で帰る事になりました。
豊科ICから上信越道&関越道経由で東京方面を目指します。

2932
姨捨SAでのヒトコマです。

2946
横川SAでは、妙義山が目前にありました。

17:30、無事に帰宅しました。
豊科ICから、ゆっくり走ってきて5時間半の旅路でした。
お疲れ様でした。


今回は、ほとんど2日間がバイクの上でしたので、運動は全然出来ません
でしたが、帰宅後の体重は変わっていませんでした。
よく考えてみると、バイクは健康美容器具の「ジョーバ」と似ており
嫌でも運動しているのと同じなのでは・・と思い当たりました。(笑)



このページのトップへ

11月16日 気ままなバイクツーリング

今年最後のバイクツーリングへ
T氏からお誘いを受けました。
朝晩はもうバイクは寒いのですが、
紅葉を満喫したいと思っていましたので
張り切ってバイクを走らせました。

40 42

午前6時過ぎに常磐高速道の守谷SAで、
T氏と落ち合いました。
気温は10℃前後で風を切って走ると、かなりの寒さです。
高速走行中の体感温度は、マイナス0℃以下となります。

水戸の先の那珂ICで高速を降りて一般道を走って・・

03 43k

常陸太田市の水府にある、『竜神大吊り橋』に
AM9:00、到着しました。
この吊り橋は歩行者専用で、長さは375㍍で本州一です。
かつては日本一を誇りましたが、一昨年位に九州に
出来た吊り橋に日本一の座を譲り渡しました。

46

300円支払って、橋を渡ります。
朝早かったので、観光客の出だしは少なめでした。

56 58

T氏は早速、一眼レフカメラを三脚へスタンバイです。

57

橋の中間には、下を見下ろせる窓が有ります。
湖面まで100㍍有ります。
高所恐怖症の人は、この窓を見れません。

89 92

橋の下は、竜神ダムと竜神湖です。

67

68

私もT氏に習って、自分のデジカメで景色を撮りました。

65

最近ハイカー達の間で話題になっていると言う
「明山」(あけやま)も奥に見えていました。

86

竜神大吊り橋を渡り終わった地点からは
ハイキングコースの始まりとなっています。
かつて一度歩きましたが、
意外に一日掛かりの大変なコースでした。

80 06

1時間ほど滞在して、竜神大吊り橋を後にしました。
バイクで次に向かったのは・・

12

茨城の“海”でした。

11k

那珂湊(なかみなと)の魚市場には
平日だと言うのに、何故かたくさんのバイクが・・?!

16

M水産と言うお店の回転寿司店でランチタイムです。
大ネタのお寿司は新鮮そのものでした!
お寿司を食べに行くなら、ここ那珂湊に限ります。
お味もお値段も大満足です!

今日の最後は温泉へと向かいました。

21

バイクを15分ほど走らせて阿字ヶ浦温泉「のぞみ」へ。
色んな温泉が有って楽しいです。
それに泉質も抜群に良かったです。

PM4:00、空模様が怪しくなってきました。
雨が降らないうちに帰路に就きました。

今年はバイクには、たったの3回しか乗りませんでした。
ですが、乗ってみると、やはりバイクは楽しいです。
そう言えば私のバイク歴は、ちょうど30年になりました。
今まで違反は有っても、事故は一度も有りませんので
これからも無事故を続けていきたいです。


このページのトップへ

5月19日 富士山撮影ツーリング【2】

翌朝は富士山が気になり、私もT氏も4:00過ぎには
目が覚めてしまいました。
空を見ると雲が多いですが、幸い富士山ははっきりと
見えていました。

140■宿の窓からの富士山

宿を 08:10、チェックアウトしました。
バイクは車と違って出発準備が大変です

144 143
■宿を出発

午前中は私とT氏は別行動をする事にします。
T氏は、本栖湖や西湖へ写真撮影に。
私は、富士吉田の頑固親父さん宅へ向かいます。

頑固親父さん宅を後にして、北口本宮冨士浅間神社に
お参りをします。
この浅間神社も、昨日の富士宮の浅間大社も
全く同じ富士山のご祭神の女神様をお祀りしています。

154 152
■北口本宮冨士浅間神社(富士吉田市)

私の富士登山は、この浅間神社から山頂を目指して
スタートする事が多いのです(片道約 18km)。
ですので、今年の安全登山を祈願しました。
おみくじを買って封を切って見ると・・・

263■おみくじ

何と、やっぱり「大吉」でした
昨日の浅間大社のおみくじも「大吉」。
今日の浅間神社のおみくじも「大吉」。
ダブル大吉なので、女神様も願いを叶えてくれそうです。

その後、T氏と携帯もメールも繋がらず
音信不通になってしまいました。
時間つぶしに買いたい物も有ったので、
100円shopに立ち寄りました。
買い物が終わっても、未だに音信が不通のままです。
仕方がないので、非常事態の待ち合わせ場所と
決めていた「道の駅富士吉田」へ向かいます。

国道を私一人バイクで走り、信号待ちをしていると、
突然後ろからバイクが来て、私の隣りに止まりました。
見るとT氏でした
本当に偶然だったようです。
このまま予定の「忍野八海」(おしのはっかい)へ
向かいました。

168■名泉そば

忍野八海の入り口の、蕎麦&うどん店にバイクを
停めました。
ここは以前に千葉テレビの番組
「週刊バイクTV」で見たお店だからです。
ライダーのお客さんも歓迎してくれるようです。
屋号は「名泉そば」さんです。

163 164
■T氏               ■私

このお店のシステムが珍しくて面白いです。
空いている椅子に黙って座っていますと、
自動的に茹でたてのうどんやお蕎麦を次々と
試食させてくれるのです!
気に入ったら、お土産のうどんやお蕎麦を購入する
と言うシステムでした 
(試食と言っても、それなりの分量を出してくれるので
“試食”ではなく、もはや“食事”なのです!) 
私もT氏も、特にうどんの味が気に入ったので
喜んで買わせて戴きました。

169■忍野八海へ

お腹も落ち着いたので、忍野八海の見学へ
歩いて向かいます。

176

忍野八海は、富士山の地下水脈が地上に溢れ出た
素晴らしい景色の名所です。
ここも私は初めて訪れました。
さすがは名所です、観光客が多かったです。

210■はんのき資料館

別料金(¥300)を支払って「はんのき資料館」へ
入場しました。
入るかどうか迷いましたが、入場して大正解でした。
人も極端に少なく静かで、
写真を撮るのにも格好のスポットでした。

185 198

古い古民家がメインの美しい庭園でした。

201 204
■古民家              ■神秘的な池

209

頑固親父さんから教えて戴いた
富士吉田の絶景富士山撮影スポットに向かいました。
迷いに迷ってやっとその撮影スポットに着きました。

214■下段から撮影

そこには、富士吉田市浅間公園=新倉浅間神社
の立て札が有りました。
地元では、通称= 「忠霊塔(ちゅうれいとう)」
と呼ばれています。
下段から早速写真撮影をしましたが、
長い階段を登って上段へと移動します。

247■長い階段

気が付かなかったのですが、
最上段まで車道が続いていました。

227■五重塔(忠霊塔)

最上段には、立派な五重塔が建っていました。
ここが有名な写真撮影のスポットだそうです。

234 245
■富士吉田市が一望です

私もT氏も夢中でシャッターを切り続けました。
きっと、ここからの夜景は素晴らしい事でしょう。

15:30、帰路に着きました。
河口湖ICから高速に乗り、一路東京を目指します。
その前にちょっと腹ごしらえをしました。

258■谷村PAにて

谷村PAで小休止しがてら、スナックコーナーで
「吉田うどん」(¥530)を食べました。
期待はしていなかったのですが、
これが意外になかなか良いお味でした!
富士吉田市内で、吉田うどんを食べ損ねた人は
(上り線)谷村PAの吉田うどんをお薦めします。

ここから約2時間で、無事に帰宅しました。

二日間の富士山バイクの旅も終わりました。
私は今まで富士登山専門でしたが、
富士山の写真撮影の旅も楽しいものだと
知りました。
6月からは、足慣らしで麓から5合目位まで
ハイキングをしたいと思っています。



このページのトップへ

5月18日 富士山撮影ツーリング【1】

早朝午前5:10、都内葛飾柴又近くの某所、
本日同行する“江戸っ子”のT氏の自宅前です。

004kai

T氏は、私の理容専門学校時代以来の親友です。
これからバイクで、富士山撮影の旅に出発です。

四ツ木ICから首都高に乗り、
東名高速の御殿場ICで降りました。
まず最初の目的地は箱根です。
途中の「乙女峠」からの富士山が綺麗でしたので、
まず最初の一枚を撮りました

13 17kai
■乙女峠にて          ■T氏

乙女峠から30分、箱根神社に参拝しました。
ここは私の大切な神社のひとつなのですが、
なかなか時間が無くて来られませんでした。
まずは、二日間の旅の安全を祈願します。

30■箱根神社本殿

箱根らしい芦ノ湖と富士山の全景の写真を撮ろう
と言う事で、T氏の第六感でバイクを走らせましたら、
何と!素晴らしい展望地を発見しました!!
ガイド本などには全く載っていないのですが、
地元の人には知る人ぞ知る撮影スポットでした。

32 48
■思わぬ絶景撮影場所( =場所は秘密  )

33 42to43
■箱根の絵葉書のようでした・・

箱根から御殿場に戻りました。
これより富士山スカイラインを走り、
富士山御殿場口登山道5合目(太郎坊)に向かいました。

59■御殿場口登山道入り口P

あいにく富士山の上のほうが雲に掛かってしまいました。
撮影は諦めて、すぐに出発しました。
富士山スカイラインを走り続けて、
これより富士宮(ふじのみや)市街地に向かいます。
目的は、「富士宮焼きそば」です。
もうお腹も空腹の時間です。

65 66
■浅間大社にバイクを駐車 ■焼きそばのお店を発見!

富士宮で一番の老舗の焼きそば屋さん
(と看板に書いてありましたので)「すぎ本」さんに決定!

69■富士宮やきそば

富士宮焼きそばは、私は初体験です!
麺にかなりのコシがあって良いです。
見た目は塩辛そうでしたが、
食べてみたら案外丁度良いお味でした。
コレは美味しい!・・ 
富士宮焼きそば=さすがです!(脱帽・・)

お腹も満たされた後、念願だった富士山本宮浅間大社
に初めてお参りします。

70 73
■参道にてT氏        ■浅間大社本殿

私は富士山山頂の浅間大社奥宮には何度か
お参りをしていますが、富士宮の御本殿には
お参りになかなか来れませんでした。
今シーズン(夏)の私の富士登山の安全をお願いしました。
おみくじを引いたら、何と「大吉」が出ました!
(私は初めてお参りした神社では、
ほとんど毎回大吉が出ると言うジンクスを持っています)
これで、私の今年の富士登山は大丈夫(?)でしょう・・・

浅間大社を後にして、富士山の西側を走ります。
日本の滝百選である「白糸の滝」へ向かいます。

74 90
■白糸(しらいと)の滝

ここも私は初めて訪れました。
さすがに有名な白糸の滝でした。
ワイドな眺望の滝なのですが、優美な大迫力です。

96 100
■白糸の滝の全景       ■私です(self 撮影)

富士山&白糸の滝が一枚の写真に納まる
スポットを探します。
反対側の谷の上だと判りました。
そちらに移動します。
(私の安いカメラでは白く写って撮影不可能でした・・)

106 110
■白糸の滝付近からの富士山

白糸の滝を満喫した私達二人は、
田貫湖(たぬきこ)へ向かいました。
ここは、日にちと時間の条件で限られますが
ダイアモンド富士が見られる場所のようです。

123 127
■美しい田貫湖からの富士

田貫湖畔は、大自然が残っていました。
富士山と田貫湖が美しくマッチしていました。
富士山頂の下の大沢崩れが真正面に見えました。

すでに時間は夕刻です。
今夜の宿に行かなければなりません。
しかし、街道筋の途中でT氏が臨時に富士山の撮影です。

132 133
■朝霧高原付近で臨時撮影

バイクなら、いつでもどこでも臨時停車が可能です。
ですので写真撮影には、最適な乗り物だと思いました。
T氏のバイクには最新NAVIが付いていますので、
指示に従い最短コースで鳴沢の宿に着きました。

134■富士緑の休暇村

鳴沢の宿、「富士緑の休暇村」は、リーズナブルな
料金でしたが、私達には充分に良い宿でした。
合宿所みたいで面白い宿です。

(第2日目に続きます)

 
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui2

Author:@ yamasuisui2
◎このBLOG は過去の登山記や
旅の記録として公開しております。
***************
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
☆ コメントは頂いても
こちらのBLOGでは公開いたしません
******************************
****************************** 
悪意・いたずらコメントはお断りします。
削除・接続拒否等を実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################

#############################

CalendArchive

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (120)
富士山 (58)
富士登山指南 (5)
みかも山 (11)
その他の登山 (10)
山の話 (43)
バイク (11)
旅遊 (18)
FOODS (16)
その他色々 (44)
防災 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。